彼の本音

喧嘩したときの言葉は本音?彼氏の本性を知ってしまったら?

こんにちは、ミサキです。今回は彼氏とケンカしたときに言われた言葉が本音なのか
について実体験を元に考えていきたいと思います。

ケンカ中に彼氏に言われてショックだった言葉が本音なの?実際のところ

大好きな彼氏でも付き合っているうちに、不満がたまってしまいます。
いつもは我慢できるけど、疲れていたりすると我慢できなくなってしまいますよね?

私も彼氏に対してイライラすることは多かったです。
私が付き合っていた人は優しすぎて物事をはっきり言わないので、何を考えているのか
わからないことが多くて、不満というより困ることが多かったです。

いつもどうしてほしいのかがわからなくて、混乱して空回りしているような気になって
付き合っているのに寂しいと思うことが多々ありました。
しかも、ケンカになりそうになると向こうから謝ってしまうのです。

私はケンカをしたときにはじめて本性がお互いに出せると思っているので、ケンカしたい
気持ちがありました。でも、元彼は面倒だったから嫌だったのです。
その結果、あまりお互いに本音が言えないままわかれてしまいました。

ケンカをして彼氏にショックな言葉をいわれるのは、ある意味恵まれています。
「ケンカするほど仲がいい」とよく言うので、ケンカできるということはそれだけうまくいって
いるということです。

また、ケンカをしているときに出る言葉は本音というよりも「その場で相手に勝ちたい」という
気持ちが強く「相手を黙らせる言葉」を選んで言っていることが多いです。
ですので、必ずしも本音というわけではないですね。

酔ってケンカして暴言を吐かれてしまった。彼氏に覚めているとき

彼氏と二人でお酒を飲んでいて酔っぱらってしまったとき、暴言を吐かれるとショックですよね?
「もう別れてしまおうかな?」と気持ちが覚めてしまいます。

でも、ケンカしているときの暴言って「うざい」とか「黙れ、くそ」とか「お前なんていらない」
などのほとんど意味のないものですよね?そういう言葉を言っているときは彼氏は冷静じゃないので、
本音というより出てくる言葉をそのまま言っているだけです。

普段は思ってもいないことを怒りに任せて言っているだけなので、受け流してあげましょう。
また、ある男性の体験談では酔っているときの発言は無効にしたほうがいいそうです。
例えば、「結婚しよう」などの前向きな発言も気にしないほうがいいでしょう。

彼女に声が大きいことを注意されただけで「黙れ、ブス」という男性もいるようなので、
本音と思わないでください。ただむかついたり、悲しい思いをしたことははっきり伝えましょう。
そうすることで、繰り返すのをやめてくれます。

ケンカのときに言われたことが許せないなら連絡を絶って様子を見よう

もし、あなたが彼氏とケンカをしたときに言われたことが許せないなら、連絡を絶って様子を
見ましょう。そうすることで、彼氏の本音が見えてきます。

もし、彼氏がケンカしたときに行ったことを素直に謝ってきたら、すぐに許してあげましょう。
謝ってこない場合は忘れていることもあるので、「この間、こういう風に言われて傷ついた」
などはっきり伝えましょう。

直接言えない場合はメールでもいいと思います。
本音は面と向かえって言えないものなので、あなたが無理なく言える方法を選びましょう。
また、普段から会話がかみ合っていないカップルは、この機会にしっかり向き合ってください。

私は彼氏としっかり向き合えているようで、ぜんぜん向き合えていませんでした。
それが原因で気持ちがすれ違って別れてしまいました。今は復縁するために自分磨きをして
いますが、別れる前にしておけばよかったと後悔しています。

男性は女性の気持ちがわからない!説明をして理解してもらおう

男性は基本的に女性と発想が全く違います。
ですので、説明をして理解してもらわないとすれ違ったままになってしまいます。

どんなに恋愛経験が豊富な男性でも、男性である以上、女性の気持ちを理解しくつす
ことはできません。なので、恋愛経験が豊富な彼氏でも、あなたの気持ちは話しましょう。
「女は黙って男についていく」というのは昔の話で、今は意見を言える女性が好まれます。

あなたも彼氏には本音を言ってほしいし、気持ちを説明してほしいですよね?
彼氏もそう思っているので、不満や怒りはため込まないでくださいね。
そして、少しづつでいいので話す習慣をつけてください。

いきなり誰にも言えない秘密や本音を伝える必要はあります。
疲れたときに「疲れた」、面倒くさいときに「面倒くさい」など軽めの本音からいいましょう。
そして、だんだん深い本音も言っていくようにすると、素を見せられる関係になりますよ。

私は元彼と付き合っているときに、素を見せる努力をしなかったのでいつまでたっても
関係が深くならず、同じ距離感でずっといたような気がします。

「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるので、ある意味正解かもしれませんが、
素を見せつつ、お互いに尊敬しあえる関係が理想ですよね?

ケンカをしてしまったら、まずあなたから謝ってでも傷ついたことはいいましょう。
そして、彼氏にも誤ってもらい、仲直りをきちんとしてください。

仲直りをきちんとしないまま、付き合ってしまうとのちのちケンカになったときに
泥沼化してしまったり、すれ違いが起きてしまいますよ。
とくに、いつもケンカをしているカップルはもともとすれ違っている状態です。

私の話をいつもさえぎってしまう彼氏とケンカ!回避する方法

彼氏とケンカすることが多いという女性の中には、「彼氏がぜんぜん話を聞いてくれない」
という人もいます。でも、実は話を聞いていないのではなく誤解しているだけなのです。

例えば、あなたが彼氏に話をしているときに横やりを入れて「それはこうすればいいんだよ」
とか「そういうときいはこうしなよ」と言ってくると「話聞いてよ!」と思いますよね?
でも、彼氏は悪気があって横やりを入れているわけではありません。

女性は基本的に自分の中で答えが出ているので、ただ口を聞いてほしいだけなのです。
でも、男性はそういう感覚がないので、「アドバイスがほしいのかな?」と思って、あなたが
納得してくれるアドバイスを一生懸命考えます。

そして、あなたの話が途切れたタイミングで「これはどう?」と優しく提案しているのです。
でも、女性としては「いや、答えならもう出てるから」となります。
こういう時は彼氏に「話を聞いてほしいだけなの」と説明しましょう。

いくらケンカ中でもNGなセリフまとめ!これを言われたら別れましょう

喧嘩中は思ってもいないことを勢いで言ってしまったり、暴言を吐いてしまうものです。
でもいくらケンカ中でも勢いでも、言ってはいけないこともあります。

ここからは、「これを言われたら別れるべき」というNGなセリフをまとめてみました。
あなたの彼氏の口から一度でも出たら、真剣に分かれることを考えましょう。

・「重い」

彼氏があなたのことを重いと感じるのは、愛情のバランスが悪い証拠。
ケンカして「お前、重いんだよ」と言われたら別れてしまいましょう。

・「金出してやる」

「おごってあげるよ」とか「出すよ」ならいいですが、「金出してやる」は上から目線です。
女性を見下した言い方なのでNGですね。
でも、普段優しい男性が言う場合はかっこつけているだけなのでOKです。

・「ブス」

女性にとって外見を否定する発言はかなり痛手です。体系を否定されても努力次第でどうにか
なるのでぎりぎりでOKですが、顔はだめですね。一度でも言われたら別れましょう。

・「もう別れる」

これを言えば、女性からあやまってきて自分の思い通りになると思っている男性の発言です。
このセリフは女性を傷つけるからNGというよりは、計算高い男性だからNGですね。

こうしたセリフを言われたら、彼氏と別れる準備をしましょう。
そして、一度分かれると決めたら、向こうが誤ってこない限り、別れを解消しないでください。

もし彼氏とケンカしたらLINE攻撃をしてはいけない理由

彼氏とケンカをしてむかつくひとことを言われたとき、「これが本音なの?」と思って確かめたく
なりますよね?そういう時にLINEで攻撃するのはよくありません。

ケンカしたあとに立て続けに電話がかかってきたり、LINEが来たりすると、彼氏の怒りが収まりません。
そして「もう許してあげよう」と思っていたのに、イライラが復活してきてしまうのです。
ですので、まずはケンカを終わらせることを考えてください。

「昨日は言いすぎてごめん」と素直にLINEをすれば、彼氏の気持ちもほどけます。
そして、お互いのイライラが治まったら、ケンカ中に言われたことが本恵だったのか、
聴いてみましょう。

彼氏もあなたもイライラしている状態で「昨日言ったこと本音だったの?」と聞いても、
「そうだよ、うるさいな」となってしまいます。落ち着いてから話をすることで、本当の
気持ちを知ることができます。

イライラしているときに口から出るのが本音と思っている人もいるようですが、
それは違います。本音は意外と落ち着いているときしか聞けないものなのです。

彼氏にケンカでひどいことを言われても友達に愚痴らないで

彼氏にケンカでひどいことを言われても友達に、愚痴らないようにしましょう。
人に話すとイライラが再加熱してしまうし、彼氏が恥をかくことになります。

とくにあなたの友達ではなく彼氏の友達に愚痴を言うと、彼氏の今後の友達関係に支障が出て
しまいます。そうならないように、まずは彼氏と向き合ってください。
彼氏に謝って、ケンカを落ち着かせ、本音を確認して解決しましょう。

また、彼氏からの「ごめんね」のサインを見落とさないようにしてください。
LINEや着信履歴をこまめにチェックして、彼氏から会いたいといわれたらできるだけ早く会いましょう。
そして彼氏がプレゼントを用意してくれていたら、あまり好みのものじゃなくても、素直に受け取り
ましょう。

笑顔でお礼を言えば気持ちがほぐれて、仲直りができます。
彼氏が仲直りのサインを出して来たら、受け入れてあげるのが大人の女性です。
意地を張って、険悪ムードのままでいると、そのまま分かれることになってしまいますよ。

大好きでもケンカをしてしまうのは避けられないことなので、ケンカの時の発言は大目に見ましょう。
そして、それだけが本音だと思わないようにしてください。