旦那の気持ち

旦那さんと夫婦喧嘩ばかりしている…。どうしたら気持ちがわかる?

こんにちは、ミサキです。今回は旦那さんと夫婦喧嘩ばかりしているという女性の
悩みを解消する方法をお話しします。お互いの気持ちを理解するにはどうしたら
いいのでしょうか?

夫婦でもすれ違いや勘違いは起こるもの!まずは、お互いの性格を考えましょう

夫婦は好きで付き合って結婚しているので、なんでも気が合う!というイメージがありますが、
実際にはぜんぜん違います。

好き同士で結婚しているのだから一緒に住んでいるうちに、自然と気持ちが分かり合えるようになる
と思って、特にお互いの本音を言わないでずっと生活をしているとそのうち、離婚になります。
夫婦とは言え、所詮は他人なのです。気持ちや考えは言わないとわかりません。

私は先月元彼と別れてしまいました。
その理由も、あなたと同じで相手の気持ちが理解できなかったから。
私はずっと彼とつながっていたかったから、毎日仕事中でもLINEをしていました。

でも、元彼はそれがうっとうしかったみたいです。
ぜんぜん言ってくれないからわかりませんでしたけど。
私はLINEがしたい、元彼はLINEをしたくない、このすれ違いがなおらず結局別れました。

夫婦にも似たところがあると思います。
お互いの気持ちを正しく理解していないと、ちょっとしたすれ違いで離婚することになります。

夫婦喧嘩の原因は夫婦だから〇〇して当然という考え方

私の知り合いの夫婦はお互いの気持ちが理解できなくて、夫婦喧嘩ばかり繰り返しています。
「よく離婚しないな」と思うほど、毎日のようにピリピリしているそうです。

でも、こういう夫婦は少なくありません。
ある女性のブログには結婚1年目は、「毎日のように喧嘩していた」と書かれていました。
珍しいことではないので気にしなくていいですが、そういうわけにもいきませんよね?

そこで、夫婦喧嘩を無くすコツを調べてみました。
その結果「夫婦なんだから〇〇して当然」という考え方を捨てると喧嘩がなくなるそうです。

例えば、「夫婦なんだから一緒に食事をして当然」という考え方だと仕事で忙しくて夕飯の時間に
旦那さんが帰れないことにイライラしてしまいます。

それだけ遅くまで働いてくれているということへの感謝はどこへやら。「なんでこんなに毎日
遅いの?浮気でもしてる?」とイライラしてしまって、疲れて帰ってきた旦那さんと喧嘩をして
しまうのです。

また、「夫婦なんだから旦那さんが重いものを持ってくれて当然」と思っていると、買い物に
一緒に行ったときに重いものを持ってくれないことにイライラしてしまいます。
ほかには「夫婦なんだから一緒にお風呂に入って当然」「夫の趣味を理解して当然」などです。

こういう固定概念を取り除けば、夫婦喧嘩の80%はなくなります。
「一緒に食事できたらラッキー」「重いものを持ってくれたらラッキー」「趣味を認めてくれたら
ラッキー」こんな風に謙虚で前向きな発想で向き合えば、夫婦はうまくいきますよ。

私も元彼に対して「LINEの返事をくれたらラッキー」と思っていれば、返事がもらえ
なくてもイライラしなかったし、別れることにもなりませんでした。
今は、たかがLINEの返事くらいで別れてしまったことを後悔しています。

あなたの思っていることを具体的に口に出して伝えるといい

夫婦喧嘩の原因は、相手への要望をはっきり言わないことです。
「言わなくても夫婦なんだからわかって当然」この発想を捨ててしまいましょう!

例えば、仕事で疲れているときに「料理は俺がしようか?」と言ってくれて当然と思っていると
これが原因で夫婦喧嘩になります。ですので、固定概念は捨てて「料理手伝って」といいましょう。
これを何回か繰り返しているうちに、自然に旦那さんが料理をしてくれるようになります。

私は夫婦生活が浅い夫婦は、こういうことをしていた方がうまくいくと思います。
どんなに気が合う夫婦でも最初は気が合わなかったのです。
こうしたやり取りを繰り返しているうちに、お互いの気持ちがわかるようになっていきます。

ですので、夫婦喧嘩を何回もしていて、全然気が合わないという夫婦は夫婦喧嘩から
お互いの気持ちを探して、うまくいくように工夫してみましょう。

今までの夫婦喧嘩を生かして仲良く暮らすコツは夫婦喧嘩リスト

今までの夫婦喧嘩を生かして仲良く暮らすためには、夫婦喧嘩リストをつくりましょう。
これまでの夫婦喧嘩の原因をリストアップしていくのです。

夫婦喧嘩のきっかけになった出来事を思い出せるだけ思い出して、紙に書いていきます。
そして、「こういう時に機嫌が悪くなる」「こういう時はこうすると喧嘩にならない」という
旦那さんマニュアルをつくりましょう。

このマニュアルをあなたが作って、先に実践すれば旦那さんもあなたにやさしくなって
あなたの怒るポイントにふれないようにしてくれます。
お互いに少しづつ変わっていくのが理想ですが、こういうことは女性のほうが敏感な気がします。

まずは、あなたから変わっていって、旦那さんにも変化を促しましょう!

夫婦喧嘩の原因になる最大の理由はあなたの旦那さんへの態度

夫婦喧嘩の原因になる最大の理由は、あなたの旦那さんへの態度です。
一緒に住んでいるとついつい横柄な態度をとってしまいますが、よくありません。

よく鬼嫁という言葉を耳にしますが、ああいう奥さんが通用するのはまれなケースです。
ほとんどの男性は一家の大黒柱である自分が奥さんよりも上に立ちたいと思っています。

ですので、旦那さんに頼みごとをするときは暇そうなときに、丁寧に短くわかりやすく
頼みましょう。「悪いんだけど、〇〇してくれる?」とか簡潔にいうといいですね。

そうすることで、あなたが頼んだことを旦那さんが正しく呑み込めないで、違うことをして
しまい喧嘩に発展するというよくある流れを防げます。あなたが頼んだことを正しくできない
旦那さんが悪いと思いがちですが、あなたの伝え方が悪いのです。

女性は無駄なことをよくしゃべって、伝えたいことをはっきり言わないという人が多いです。
一方男性は用件だけで余計なことを言わない人が多い、真逆の性質を持っているのです。
これを理解して、男性にもわかりやすく伝えることが大切です。

夫婦喧嘩が泥沼化して別居状態に!謝っても許してもらえない場合の対処法

ちょっとしたことで、夫婦喧嘩になることはよくあります。
でも泥沼化して別居したり、旦那さんと会話ができなくなるとかなり危険な状態です。

例えばある女性の体験談では、生後3か月の子供の世話でいっぱいいっぱいになっているとき、
イライラして小言ばかり言ってしまい旦那さんに命令口調で頼みごとをしてしまったそうです。
それに旦那さんが起こって、家出をして2日間帰ってこなかったのです。

そのあともどれだけ謝っても、口をほとんど聞いてくれない状態です。
こういうときは、あなたが改心したというのを行動で示しましょう。
旦那さんへの言葉使いに気を付ける、育児に余裕が持てるようにいろいろ工夫してみるなどです。

私は育児をしたことがありませんが、効率よくルーティンワークをこなすコツはある程度知って
います。

まず、毎日の生活で使うものを使う場所に収納しましょう。
ドライヤーをリビングでするならリビングの棚に収納、着替えを寝室でするなら寝室に収納。
おもちゃもリビングにお子さん用の棚を作って、収納してください。

とても基本的なことなのですが、意外とできていないことが多いです。
収納の仕方にもコツがあって、よく使うものはワンアクションで出せるようにしまいましょう。
例えば、子供の服は引き出しを開けるだけで出せるようにしてください。

押し入れの中の衣装ケースに入れるとすっきりしていいのですが、
「押し入れを開ける→引き出しを開ける」と2アクション必要なので、手間です。
2アクション必要な場所には、病院に行くときしかもっていかない母子手帳などをしまいましょう。

子供のものだけではなく日用品も、この定義に当てはめて収納するといいですよ。
収納上手になれば、毎日の生活がしやすくなってストレスも減ります。
収納本などを買って、読んで実践してみてください。

言葉遣いや謝るだけで喧嘩を収めようとしても、何度も夫婦喧嘩を繰り返している夫婦は無理です。
こんな風に具体的に改善して、あなたの行動パターンを変えていかないと、すぐに「喧嘩→別居」
になります。

「もうどうでもいい」あきらめ半分の旦那さんを説得する方法

夫婦関係が崩れていて離婚寸前というか破たんしている場合、旦那さんのほうが「どうでもいい」
とあきらめてしまうことが多いです。

「奥さんが言うことを全然聞かないから」「言っても無駄だから」
こんなふうに会話すること自体をあきらめて、将来がないと思っているのです。
こうなってしまうともう再生不可能な気がしますよね?

でも、私は元彼と別れて1か月後、自分磨きの様子をSNSにアップし続けていたら、
向こうから「会いたい」と連絡がありまさひた。
一度終わった関係でも修復できるんだから、終わりかけの関係からでも修復はできます。

あなたにうんざりしてしまっている旦那さんの気持ちをつなぎとめるには、SNSを通じて
アピールするのがいちばんです。もし、もう関係を終わらせようと思っている相手からLINEで
「私頑張ってるよ」とアピールされたらあなただって、イライラしますよね?

でも、SNSで間接的になら、イライラも軽減されます。SNSにダイエットしている様子や家事
スキルを上げるために頑張っているところ、料理などをアップしてください。

そして、旦那さんや周囲の人に、「いい奥さんだ」と思ってもらいましょう。
もちろん見せかけではすぐにばれるし、かえって今後の夫婦関係に亀裂が走ります。
本当に自分磨きをしないといけないので、大変ですが夫婦を続けるためです。

こんなふうにできるだけのことはしておけば、離婚することになっても後悔する割合が
減ります。また、自分磨きで成長できれば、離婚後に再婚できる可能性も上がるので
マイナスにはなりません。

夫婦喧嘩をしたら、外に出よう

夫婦は二人だけの関係なので、ケンカするとなかなか終わりません。そういう時は、
ついつい旦那さんのことばかり考えてしまいますが、気にしないで外に出ましょう。

外に出て買い物をしたり、ランチをしたりすれば、気分転換になります。
ずっと家にいると煮詰まってしまうのでよくありません。
また、外出する気になれないときは電話占いで相談をしましょう。

自宅で鑑定を受けられるので、気持ちが沈んでいるときでも安心です。