元カレが忘れられない

中絶したことが原因?元彼が忘れられないのを解消するには?

こんにちは、ミサキです^^

今回は中絶を経験して元彼のことが忘れられなくなっている場合の解消法をいろいろ
な人の体験談をもとにお話ししていきます。

元彼との間に出来た子供を中絶したことが忘れられない

元彼のことが忘れられない女性は意外と多いですが、元彼との間に子供ができて
中絶してしまったことが忘れられない場合は、とてもつらいですよね?

私は女性ですが中絶した経験がありません。
しかし、中絶を経験した人は一生後悔する人もいるそうです。

ある人の体験談では、付き合っていた彼氏との間に子供が出来たことを報告すると、
「バイトして手術台と治療代は必ず返すから」と言ってくれたそうです。

しかし、その後「一緒にいてもしょうがないから距離を置こう。お金は返すから」
と言われ、遠くに引っ越してしまいました。

その後、彼からの連絡はありません。
元彼のことが憎くて憎くて忘れられないです。

このように、とてもつらい経験をした人がいるようです。

しかし、相手の男性側も「彼女に中絶をさせた」「自分の子供を殺した」という
自責の念に一生苦しむことになります。

あなただけが苦しんでいるわけではないし、元彼は責任を負わなかったことを一生
後悔します。それで元彼への復讐は済んでいますよ。

彼女に中絶をさせたことがある男性の体験談

元彼との間に出来た子供を中絶した女性は、ショックで元彼のことを忘れられません。
しかし、男性側も責任感や後悔にさいなまれます。

付き合っていた彼女に中絶をさせたことがある男性の体験談に、こんなことが書かれて
いました。

中絶のことは彼女と二人でしっかり話し合って一緒に行動をして、お寺で供養を
しました。

そのあと彼女と別れてしまいずいぶん経ちますが、お地蔵さんの前では必ず小さく
手を合わせています。

一生忘れることはないし、一生後悔します。
当時の経済状況ではしょうがなかったのですが、「自分の子供を殺した」という事実は
変わりません。

子供が生まれていたら同じくらいの年になっていただろうなという感じの子を見かけると、
思い出してむなしくなります。

元カノへの気持ちというよりは子供への申し訳なさの方が強いです。

中絶手術を受けるのは女性ですが、男性の心にも深い傷として残っているようです。
中には、忘れてしまう男性もいるでしょうが、ほとんどの男性は良心的です。

自分の子供を失ったことを後悔しない人はいません。
ですので、元彼のことを恨むのはやめて幸せになりましょう。

中絶手術のときの最低な扱いが忘れられない

元彼との子供を妊娠してしまい、中絶することになった…。
こんなときに元彼に最低な扱いを受けると、ますます忘れることができません。

中絶手術を経験した人の体験談では、こんなものがありました。

当時付き合っていた彼氏との間に子供が出来たことを報告しました。
話し合いの結果、中絶しようということになり手術の日程も決めました。

そして、中絶手術の日、彼が車で病院まで送ってくれたのですが、帰るときには
元彼がいませんでした。

私は中絶手術で疲れていたので何も言えず、長い時間をかけて電車で帰りました。
しばらくは血が止まらなかったし、お尻もお腹もかなり痛かったです。

精神的にもとてもダメージがあるのに、一人で病院から帰るのはとてもつらかったです。
悲しすぎて涙も出ませんでした。

その後、元彼とは一切連絡がとれなくなりました。

これは女性にも悪いところがあります。
中絶手術の帰りにいなくなったのなら、すぐに連絡を取るべきです。

自分で取れないなら家族が友達などの周りの人に連絡してもらわなければいけません。
それが出来たかった女性にも責任があるので、元彼だけを責めるのはよくないですね。

こうした事態にならないようにふだんから避妊は徹底して行いましょう。
そして、「もし今妊娠したら」という話を普段からしておくといいですよ。

中絶したことが忘れられない。気持ちを軽くする方法

中絶をすると後悔とショックで、立ち直れなくなってしまう女性もいます。
「中絶は殺人と同じ」という手厳しい意見もあります。

しかし、望まない環境で妊娠して、無責任に出産するわけにもいきません。
やむ負えない理由で中絶するのは、しかたないことです。

中絶をしてしまった後悔や罪悪感を払しょくするには、どうしたらいいのでしょうか?

まず中絶手術をしたら、必ず供養をしてあげましょう。
そして中絶した日、子どもの日などの節目ごとにお参りをしてあげると良いですよ。

また、亡くなった人と同じようにエコー写真を飾ってお花とお水をお供えしましょう。
きちんと死者として扱うことで、罪悪感は薄れていきます。

そして、中絶した日から日記をつけて、自分の気持ちを書き綴っていきましょう。
心境の変化に気づいたり、自分の気持ちの整理をすることができます。

それでも気持ちが晴れない、罪悪感で苦しい、元彼が憎いなどの気持ちがある場合は
電話占いでアドバイスをもらいましょう。

電話占いの先生には、霊能者の方もいるので除霊する方法などを教えてもらえますよ。
中絶のことは人に相談しにくいことなので、電話で相談できると助かりますよね?

このようにどんなことでもいいので、行動を起こしてみてください。

結婚前にした中絶が忘れられない。供養をしたい場合はどうする?

今は結婚していて幸せだけど、元彼との間に子供ができて中絶した過去がある
場合は、素直に幸せだと思えないものです。

その罪悪感を払しょくするためには、供養することがいちばん。
しかし、結婚していて元彼と会うことができないという場合もあります。

もし、旦那さんが中絶のことを知っているなら、旦那さんにも立ち会ってもらい、
元彼と連絡を取って供養をしましょう。

中絶した子供の供養はお寺や神社でしますが、その前まで一緒に来てもらって、
お寺や神社には元彼とあなた、二人で入ってください。

元彼と連絡を取ることを「浮気につながる」「今の旦那さんへの裏切り」という
意見もありますが、この場合大切なのは中絶した赤ちゃんへの気持ちです。

「申し訳ない」という気持ちが少しでもあるなら、きちんと旦那さんに説明をして
許可をもらい、供養はするべきです!

そこで、「中絶した子供を供養する」ということと「元彼に会う」ということを
切り離して考えましょう。

中絶した子どもの供養は一人でもできます。
元彼と一緒に供養しようとするから、旦那さんへの罪悪感が生まれるのです。

本来なら中絶した子供の親二人で供養に行くべきですが、出来ない場合は一人
でもいくべきです。

大切なのは「二人そろって供養すること」ではありません。
「供養すること」そのものです。

二人一緒にというところにこだわる必要はないので、あなた一人で行ってください。
場所にもよりますが供養は1万円~5万円でできるそうです。

中には30万円くらいかかるところもありますが、供養は気持ちです。
高い費用を支払ったからと言って、後悔している気持ちが強いというわけではありません。

今の家庭のことを考えて無理なく出せる金額にしましょう!

元彼のことが忘れられないまま今彼の子供を妊娠した。中絶するべき?

元彼との間の子供を中絶して苦しんでいる人もいれば、今彼との間に子供を
妊娠して中絶を考えている人もいます。

元彼のことが大好きで今彼と付き合っているのに、二股をかけていたある女性。

そのときに今彼の子供を妊娠してしまい、中絶して元彼のところに戻ろうかと
考えているようです。

大好きだった元彼のことが忘れられないという理由で、中絶することに抵抗が
あるみたいですが、中途半端が気持ちのまま子供を産んでいいのか悩んでいます。

この場合は、まず恋愛と子供のことを切り離して考えるべきです。
お腹の子供が今彼の子なら、今彼と結婚をして育てるべき。

答えは最初から一つしかないのに、悩んでいるということは母親の自覚がない
のです。

まず母親の自覚を持ちましょう!

そして元彼との間に子供が出来なくて、今彼との間に子供が出来たということは
今彼との方が縁があるということです。

今彼と結婚も考えていた場合は自然な流れに沿って、結婚をして子供を産みましょう。
世の中の女性は、経済的な理由や年齢的な理由で、中絶をします。

「元彼とヨリを戻したいから」という理由で、中絶をする女性はまずいませんよ。

元彼のことが忘れられないけど、今までに彼女を中絶させた過去がある

元彼のことが大好きで忘れられないけど、大きな欠点を抱えているという場合は
少なくありません。

例えば、元彼が今までに彼女を中絶させたことがある場合。
これは倫理的に不誠実なので、よりを戻す必要がありません。

経済的な理由や病気などで1回中絶させたことがあるという場合はまだわかりますが、
2回、3回と繰り返し、いろいろな女性に中絶させている男は問題がありすぎます。

他には、こんな元彼の場合は復縁をしたり、連絡をしたりしないほうがいいでしょう。

・借金癖がある男性
・酒に踊れる男性
・人を信用していない男性
・モラルに反する男性
・嘘が多い
・女性とばかりやりとりしてる
・新しいもの好き

こうした男性とは、復縁しても長続きしません。
またよりを戻す価値がない男性でもあるので、新しい恋に進みましょう。

中絶させられた元彼のことを忘れて新しい恋に進む方法

子供を中絶するという行動は女性にとって、とても大きな出来事です。
ショックな出来事上がると、どうしても忘れることが出来なくなります。

でも、いつまでも中絶したことを後悔したまま先に進まないと、人生を楽しむ
ことができません。

新しい恋を始めるためにも自分磨きをしましょう。
そして、避妊を彼氏にしてほしいと言えない女性は、自分自身がない女性が多いです。

自分磨きをして自信をつけることで、彼氏にはっきりと「避妊しないとエッチしない」
と宣言することができます。

女性が自分に自信を持つには外見を磨くことが大切。
髪型を大人っぽくしたり、服装を変えたり、ダイエットのためにエクササイズしたり…。

簡単にできることからやっていくと、どんどん自分を変えることができますよ!
まずは美容院へ行って、今までしたことがない髪型に挑戦しましょう。

そして「どうやって自分を変えたらいいかわからない」という場合は、電話占いで
相談をしてみるといいですよ。

いい先生なら、あなたにぴったりの方法を提案してくれます。
身近な友達では言いにくいようなアドバイスもしてくれるので、効果的です!