彼の本音

本音を聞きたい!どうしたら彼氏は話してくれるのですか?

こんにちは、ミサキです。今回は彼氏から本音を聞く方法を実体験を元にお話しします。
人の心は操れないので無理やりではなく、自然に効き出しましょう。

無理やり聞き出そうとすると逆効果!話しやすい空気を作ろう

彼氏と付き合っているときに、ふと「私のこと、本当に好きなのかな?」「将来のこと、
ちゃんと考えてるのかな?」と思うときがありますよね?

私も元彼と付き合っているときによく「私のこと、好き?」と聞いていました。
元彼は優しかったので、面倒臭がらず「好きだよ」と毎回答えてくれました。
それでも、とても不安だったし、もっと「好き」と言ってほしかったです。

こういうもやもやしたわがままな気持ちを、持っている女性は多いはず。
大好きだからしつこく確認したくなるし、何度も言ってほしいと思うのです。
悪いことではありませんが、聴いても聞いても彼氏の本音はわからないものですよね?

彼氏の本音を聞きたい場合は、まず彼氏が喜ぶことをしてあげましょう。
無理やり本音を聞こうとすればするほど、人は本音を言わなくなってしまいます。

例えば、デートのときに元彼が好きなメニューのお弁当を作って持っていくとか、
彼氏が毎月買っている雑誌を買っていくとか、彼氏の部屋をかたずけるとか…。

彼氏に奉仕をすることで彼氏の気持ちがほぐれていき、本音を聞きやすくなります。
また何度もしつこく「本音言って!」と言わないで一度聞いてみてだめなら、普通の話をして、
頃合いを見て数日後にまた聞きましょう。

無理やり聞こうとしても本音を言ってもらえることはないですし、彼氏に嫌われる可能性もあります。
ですので、彼氏が本音を言いたくなるような彼女になれるよう努力しましょう。

付き合っているのに彼氏の気持ちがわからない女性は多い理由

付き合っているはずなのに、彼氏の気持ちがわからない女性は多いです。
私も元彼と付き合っているときに「何考えてるんだろう」と思うことがよくありました。

こういう時は「私は彼女失格だな」とか「なんてダメな女なんだろう」と落ち込んでしまいますよね?
私もよく落ち込んでは女友達に話を聞いてもらっていました。
でも、その友達も「わかる!彼氏の気持ちってわかんないよね?」とよく言っていました。

付き合っているのに、彼氏の本音がわからないというのは一見、彼女失格に思えるかもしれません。
でも、実はとてもふつうのことなのです。

まず、そもそも男性と女性は思考回路が違います。
全く違う生き物なので、考えていることがわからないのです。
でも、わからないから惹かれあるのであって、完全にお互いに分かり合えてしまったら別れが来ます。

いろんな女性の体験談を見てみると「彼氏の気持ちがよくわからない」「私の底が好きなのか
よくわからない」「会いたいって言われないってことはもう好きじゃないってこと?」など。
多くの女性が彼氏の気持ちがつかめなくて、悩んでいました。

でも、ある大学の研究によると「私のどこが好き?」と聞くと別れてしまう可能性が高いそうです。
学生301人を対象に行った調査で「恋人と別れた原因」を調べたところ、好きなところが嫌いに
なって別れたというカップルが多かったそうです。

ですので、「どこが好き?」という質問をして「かわいいところ」と答えてもらったとすると、
だんだん「かわい子ぶっているところ」とか「いつも外見を気にしてるところ」が嫌になります。

また、「普通の女の子とちがうところ」と答えてもらった場合はだんだん「普通じゃないところ」
が嫌いになってきます。ですので、本音は効かないほうがいいこともあります。

性別によるもともとの思考回路の違いが原因で本音がわからなくなっていますが、本音を知ると
マイナスになることがあるので、本音はよくわからないくらいがちょうどいいですよ。

また、「私のどこが好き?」という質問にはその人の中にベストな答えがあります。
彼氏がその答えを言ってくれないことにショックを受けて、愛が覚めることもあります。
ちなみに答えてほしい答えで31%を占めるのは「全部!」。その次に具体的な回答です。

彼氏の本音がわからなくて不安なときにしてほしいこと

彼氏の本音がわからなくて不安なときは、自問自答をしましょう。
あなたの現在の状況を整理することで、彼氏とうまくいっているかがわかります。

「彼氏と知り合って付き合い始めて自分を好きになったか?」
相性のいい彼氏と付き合っていると、自分を好きになることができます。
知り合ってから付き合い始めてから自分を嫌いになったり、劣等感を抱くようになった場合は、
よくない相手です。

「彼氏と一緒にいる時に安心できるか?」
彼氏の本音がよくわからなくても、一緒にいると落ち着くことができるなら相性はいいです。
あなたが落ち着いているということは、彼氏も落ち着いているということなので、そのうち自然と
彼氏が本音をいってくれるようになりますよ。

彼氏が本当に私のことが好きなのかわからないとき

あなたの彼氏が愛情表現がなくて、本当に好きなのかわからないときは原点に立ち返りましょう。
男性は女性と違って無駄なことを嫌うので、好きじゃない人とは付き合いません。

ですから、あなたと付き合っている時点であなたへの好意はあります。
でも、冷たい態度をとっているという場合は愛が覚めてしまっているということなので、
彼氏の気持ちを引き寄せる必要があります。

自分磨きをして、彼氏に見直してもらえるよう頑張りましょう!

あなたの本音を言うことで彼氏も本音を言いやすくなる

あなたが彼氏に本音を言ってもらえないのは、あなた自身が彼氏に本音を言っていないからです。
あなたが彼氏に本音を言えれば、彼氏も本音をいいやすくなります。

でも、いきなり「本当にお互いのことが好きか?」という本音は言いづらいですよね?
そこで、当たり障りのない部分から本音を言っていきましょう。

例えば、「今日の服装はどれくらい悩んで決めた」という話をしてみてください。
「いつも、そっちがシンプルで来るからいつもよりもシンプルにしてみた」とか
「この間、着てきたワンピース気に入ってたから来て来ようと思ったけどやめた」とか。

なんでもいいので、あなたの服装に関する本音を言ってください。
すると彼氏も服装に関する本音を言ってくれます。
そして、お互いに異性のどんな服装が好きかという話をしましょう。

服装の話をしたら髪型、しぐさ、しゃべりかたなどいろんな話をして彼氏の好みを把握
してください。そして合わせられる範囲であわせていくといいでしょう。

また、今現在のことで本音が言えないなら、過去の本音を言いましょう。
「この間のデートで思ったんだけど…」とか「先月のメールさぁ…」など、無理なく言える本音を
あなたから言っていくことで、彼氏も本音が言いやすくなります。

ただ本音をぶつければいいというわけではないので、喧嘩腰にならないように気を付けてください。
こうすることで、だんだんお互いに本音を言い合えるようになります。

伝えるほどのことでもないことでも素直に話してみよう

彼氏に伝えるほどのことでもないことでも、素直に話してみましょう。
なんでも話すようにすることで、彼氏からもいろんな話を聞くことができます。

例えば、「前回のデートでむかついたほどではないけど、少しもやもやした」という出来事
をそのまま話すことで、彼氏にあなたの性格を理解してもらえます。
「いうほどのことでもないかな?」と思うことでも、話をすることで不満がたまりません。

ちょっとしたことでも、言えないで終わるとのちのちストレスになってしまいます。
お互いに話をすることで、お互いの思考回路を理解できるようになりますよ。
ちょっとしたことをお互いに話すのを繰り返しているうちに、だんだん本音を言えるようになります。

すると、無理をしないでその場その場で不満を言えるようになるので不満がたまらなくなります。
その結果、長く付き合えるようになるのです。

あなたの知りたいことを一般的な話題に当てはめて聞いてみよう

彼氏に本音を聞いてみたいけど勇気がなくて聞けないという場合は、一般的な話題に当てはめ
ましょう。間接的に彼氏の本音を聞くことができます。

例えば、「男友達に結婚願望がない人がいるんだけど、なんでかわからない」といえば、
「たぶん彼女がかわいくないからじゃない?」など答えが返ってきます。
これで、彼氏が「結婚相手に外見を求める人」ということがわかります。

「たぶん、彼女と金銭感覚が合わないからじゃない?」と答えれば、金銭感覚のしっかり
している人が好きということになります。
このようにさりげなく聞き出すことを、ニュートラル・クエスチョンといいます。

また、ネガティブ・クエスチョンという方法もあります。

例えば「私と結婚する気あるの?」と聞かれると、「ううん」とはいえません。
でも、「私と結婚したいと思ったことないなんてないよね?」とネガティブに聞かれると、
「そんなことないよ。でもまだ早いと思う」と素直な気持ちが聞けます。

ダイレクトに聞かれるよりも、一般化して聞かれたり、控えめに聞かれた方が彼氏が本音と
しては言いやすいので、間接的な聞き方をしましょう!

相手に本音を言うときに大切なのは「自分がどうしたいのか?」ということ

彼氏に本音を言うときに、「好かれる本音」しか言わない女性がいます。
嫌われたくない一心で、本当の本音は隠しているのです。

でも、その状態では彼氏も「好かれる本音」しか言ってくれません。
ですので、彼氏にどう思われるかよりも、自分が彼氏に何を言いたいかを考えて、
本音を言いましょう。

あなたが普段から言いたいけど言えないことを思い切っていうことで、すっきりするし、
彼氏に人となりをわかってもらえます。
それでドン引きして別れるような彼氏なら、もともと相性が悪かったということ。

逆にお互いに深く理解しあえて、本音を言った後に仲良くなったらとても相性のいいカップルです。
言ったら好かれると思って言うのは本音ではありません。本当に言いたいことを言いましょう。

私は今復縁を目指している元彼と今よりも関係がよくなったら、以前付き合っていた時に
言えなかった本音を言うつもりです。そして元彼にも本音を言ってほしいと思っています。
大好きだったことと、いつも少し不満に起こっていたことを言えば、理解しあえると思います。